リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

まだ、知らないだけ。

と思ったShan Noodleの夜。

ミャンマーの雨季に意外と必要だったもの。

7月の雨季のシーズンに赴任してきて、 意外と必要だったもの。

品質向上に必要なもの。

品質向上で一番大事なものは、やはり

いつでも変わろうとしている。

今日はみんなでYangon Yangonへ。 ミャンマーの女性はBarに行きたがらない、と聞いていたので 大丈夫かしら、と思っていたけれど、みんなノリノリで(^^

品質って何ってところから。

最近、品証&テストエンジニアとして ミャンマー支社でお仕事していて面白いな、と思うことは。

俺が俺が精神からの。

先日、とあるcross roadにある喫茶店で打ち合わせさせてもらったのですが、 そこで面白い光景に出会いました。

ミャンマーの合理的な飲み物。

仕事が終わって家に帰って、 ほっと一息つきたいときは、ミャンマーコーヒー。 ミャンマーのコーヒーは、3 in 1でお湯を注げばすぐ飲める。 コーヒー、砂糖、ミルクがいっしょくた。 そんな合理的なところが好きです。

次の高難易度(と思われる)ミッション。

今日は、まぐほスタンプに次ぐ、 新たな高難易度(と思われる)ミッションが発生したので、 その頭出しです。

雨とのお付き合い。

ミャンマーはいま雨季なので、 ちょっとずつ雨とのお付き合いを覚えます。

次に教わるミャン語。

今日はお仕事後に、母校東工大出身者があつまる飲み会 inヤンゴンに行ってきました。 会社を出てから、タクシーのお兄さんに「○○通りと△△通りのcrossroad」とミャン語で言う。というのが最初の関門。 社員に教えてもらったミャン語で乗り切る!

ちゃんと押してみて確かめました。

報告です。 スタンプできました!ちゃんと押してみて確かめました。

ここからが始まり。

Today is the most impressive day in my life. 今日、ミャンマー支社で、初めてMAを実施しました。 MAとは、Meeting of All staff(全社員会議)の略で、 本社AcroJPでは社風の根幹ともいえるものです。

まぐほスタンプ テイク2

今日こそ、みずほスタンプができあがる!と思って、 社員に取りに行ってもらったら、 「フォントが小さかったので、もう一度作り直してもらえるようお願いしました」

こんなこと言うの、日本人でもいないよ。

まぐほスタンプは、社員が交渉してくれたおかげで 無料で取り換えてもらえることになりました。 明日届くそうです。今度こそ、みずほスタンプが来るといいです。

窓からは、パゴダが見える。いつも通り。

今日はアレです。 停電しました(2回)。

「大きくする予定はありませんか?」by店員さん

ミャンマーに来てから、ロンジー着て、もっと街になじみたい、と思ったので、 今日は一仕事したあとに、お買い物に。

まぐほさんって誰。

今日はミャンマーらしい、いい学びがありました。 赴任してきたのでスタンプを注文してもらったんですね。

みんながくるって回ればいいじゃん。って思った話。

今日はミャンマービールを飲みながら書いてます。 ふー。 この一杯のために、生きてる(*´꒳`*)

休日はじっくり話す最高のチャンス。

今日はミャンマーは殉教者の日という休日。 街をぶらぶらしつつ、一度入ってみたかったメイソウに行ってみました。

ミャンマーは明日は休日なので。

今日は社員からもらったLay chuu theeと、 ミャンマーで唯一、 女性がカジュアルに飲める甘いお酒?SPYをおともに書いてます。

あわただしく過ぎる一日のなかで。

今日はミャンマー支社への出社初日。 あわただしく過ぎる支社の一日の洗礼を受けながら(^^; いい人たちに恵まれてるな、と実感。

何をサービスと思うか、の違いとその受け皿。

今日はミャンマーライフや明日からのオシゴトに必要なあれこれを買いに、Ocean(デパート)に行ってきました。 そこで、商品選んでレジに並んで、いざ会計したらびっくり。

出発。

2017年7月15日の早朝、日本を出発しました。

何に自信を持っているか。

ミャンマー支社への赴任を控え、毎日副社長&来日中のミャンマースタッフとプロ研(プロフェッショナル研修)しています。 プロ研では、各自が話し合いたい議題を持ってきて話し合います。 ときには話しの流れで各自の人生観に触れることもあり、なかなか面…

ブログタイトルを変えました。これからもよろしくお願いします。

ブログタイトルを 「とあるITベンチャーの品証の頭の中。」から 「リケジョのミャンマー赴任記。」に変更しました。 というのも、あと2週間後にAcroquestのミャンマー支社に赴任するからです。

僕の彼女は品質保証 #40「実に興味深い、彼女の同居人(国籍ミャンマー)の質問」

僕の彼女は品質保証である。 GW前に、彼女は海外支社ミャンマーから来日したスタッフと同居するために、 会社のシェアハウスに引っ越していった。 そして、同居している子はとても「質問がうまい」子なのだそうだ。 そう、これは、実に興味深い、彼女と彼女…

僕の彼女は品質保証 #39「当たり前のようで、当たり前ではないこと」

僕の彼女は品質保証である。で、このGW前に、彼女は会社の寮に引っ越しをした。ミャンマー支社からくるスタッフ数名と同居するためである。 引っ越しから1週間がたち、僕は某Lから始まるコミュニケーションアプリでメッセージを送った。

僕の彼女は品質保証 #38 「プロジェクトテストチーム結成1周年。」

僕の彼女は品質保証である。 今日、彼女は帰宅するなり、週末に買ったスパークリングワインを取り出した。何事かと思って尋ねると「お祝い」だそうだ。 プロジェクトテストチーム結成1周年。なるほど、普段は真面目な彼女も浮かれているわけだ。

僕の彼女は品質保証 #37「JaSST'17 Tokyoの講演資料が公開されました。」

僕の彼女は品質保証である。 彼女は今年のJaSST(日本ソフトウェアテストシンポジウム)に「テストマネジメントツールSquash TMを利用した継続的テスト改善」というお題で登壇したのだが、昨日そのときの講演資料がJaSSTレポートとして公開されたようだ。

僕の彼女は品質保証 #36「テストマネジメントツールの選定風景」

僕の彼女は品質保証である。2016年のとある初夏の晩。僕が帰ると、彼女がPCに向かい、あるツールのデモ画面を食い入るように見ていた。「このダッシュボードきれいだわ~」とか呟いている。「何見てるの? うわ、全部英語じゃん。」

僕の彼女は品質保証 #35「Culture Eats Strategy for Breakfast.」

僕の彼女は品質保証である。 ある日仕事から帰ってきた彼女は、こんなことを聞いてきた。 「Culture Eats Strategy for Breakfast.って知ってる?」

僕の彼女は品質保証 #25「夢」

僕の彼女は品質保証である。 彼女はときどき、不意打ちで突拍子もない質問を繰り出すが、今日の質問はこれまでで一番突然で、一番まじめな質問だった。 「あのさ、夢追ってる?」

僕の彼女は品質保証 #20「品質保証のオシゴト」

僕の彼女は品質保証である。合同説明会で社風をプレゼンしていても、会社説明会に出ていても、彼女は人事ではない。彼女は品質保証担当のエンジニアである。

「僕の彼女は品質保証」をリバイバルします。

以前(新人のときだから3年前か)書いていた 「僕の彼女は品質保証」をこのブログでリバイバルしようと思います。 会社の同期と一緒に書いていたリケジョブログで、連載していたものです。

SEPG×社風

こんにちは、 @miwakaizです。 新横浜のITベンチャーAcroquestでSEPG/テストエンジニアをやってます。 先日JaSST'17 Tokyoで 「テストマネジメントツールSquash TMを利用した継続的テスト改善」 というタイトルで発表させていただきました。