リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

小さな会社で働くということは。

本社の半分以下の人数規模のミャンマー支社に赴任して、

小さな会社で働くということがどういうことか、

色濃く感じるので、今の感覚を書き留めておきます。

 

小さな会社で働くということは

配慮を忘れないということ。

 

周りへの配慮をなくした人は、他から自社への配慮に気付くことも

他から自社への無配慮に気付くこともできず、

自分の会社を守れない。

 

だからジブンテキに大変なときでも、自分のことや自社のことだけを考える

さもしい人になってはいけないと思った。

 

 

小さな会社で働くということは

すべてを使うということ。

 

自分の気の緩んだ、状況や他人に流された判断は

会社そのものや会社の立場をダメにする。

だから常に頭と直感をつかって、

仲間と話して、工夫して、守る。

 

 

小さな会社で働くということは

言葉にできない感覚をいくつも知るということ。

 

自分が惚れた、一番の、今は小さなこの会社を

一緒にいる人たちと守って、少しずつ大きくしようとするときに、

怒りともいえる感覚も

悔しさといえる感覚も

喜びのような驚きのような何とも言えない感覚を

これからも、いくつも知るんだと思った。