リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

知らないことを責めたいんじゃない。

つい数時間前、こんな投稿をした。

 

 

【愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。】

わたしがいま住んでいる国。
複数の学生から何通も、件名も本文も何もないメールが来た。
履歴書だけが添付されている。どうしろと。何に対しての応募なんだ。君はどの大学の何年生で、どういう用件なんだ。
・・・履歴書を見る気になれない。

で、同僚に聞いてみた。なぜこんなことが起こるのか。
ミャンマーの学生は、会社にメールを送るとか、したことないからですね。」
「そうだろうけど、初めての事をするとき、たとえば会社にメールを送るときって、本やインターネットで書き方を調べてから、大丈夫かなぁってちょっと緊張しながら送るものでないの?」
「調べないですよ」
「え、なんで」
「あぁ、まぁ忙しいから、、、とかですかね。」
「そうか、では私は忙しいから、
 用件もわからないものをわざわざ中身見て、
 振り分けるなんてことしなくてもいいってことだね。おっけー。」

 

知らないことを責めたいんじゃない。

でも、今までやったことがない、新しいことをやろうというときに、

今までの自分の知識だけでやろうとするのがただ残念なだけ。

 

「学校で教わらなかったですから。私も知らなかったですよ。」

「仕方ないよ、調べる習慣がなかったんだから。周りも含めてね。」

 

多くの人は、「〜から。」って言うけど、

だから、何?

ゾクゾクする。

だから、

私はこの国が大嫌いで、とても好きだ。

 f:id:miwakaiz:20180131010339j:image