リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

それだけを手離さなければいいのだ、と思った。

Myanmarでお仕事していると、毎日なにかしらの問題が起きる。

問題というのは、水祭り休暇問題のような社員や会社に関することだったり、

停電やら家が壊れたとか生活のことであったり、様々。

 

ゆうがた以降の時間帯は鬼門だ。

何気ない報連相に、問題は隠れている。

ほとんど仕事(自分の職務としての業務)にはならない時間帯であり、

たいていが状況の確認と対応をする時間になる。

そして家に帰ると、「あらま、これ壊れたか」ということもある。

 

3月、日本から帰国した直後、

さぁここからだ、と思っていた矢先に大きな問題が起きた。

ただ、タイミングは重なるもので、

その晩、信頼する社員の何人かは予定されていた遠方での仕事に出発し、

直上の上司は日本帰任が控えていて、家も複数個所がこわれた。

 

毎日、その問題以外にも、何かしら会社では様々な問題が起きる。

手いっぱいで、家に費やす時間と気力はなかった。

 

しばらくそんな状態がつづき、そのさなかで上司が帰任したときは、

初めて、「羨ましい」という気持ちになった。

羨ましいと恨めしいは同じ気持ちなのだろう。

なぜか日本の穏やかで楽しみにあふれた生活が目についた。

(もちろん今は冷静なので、その上司は4年ミャンマーにいたわけだから、

 「すごい」という気持ちと感謝しかない。)

 

このままじゃだめだ、という気がして、ある日曜日にひたすら家を掃除した。

家の不便だな、と思うところは徹底的になおした。

これから一緒に住む予定の社員が一緒にやってくれた。

その子には私は何も言っていなかったが、

「掃除シマス!」「ご飯タベマショ!」と明るく言う彼女に救われた。

 

埃っぽさとにおいが是正されて、清潔感が漂う家になった。

満足して寝転がったとき、すとんと、

「自分はこれから長い間、この国にいるんだ」と脈絡もなく思った。

どうせ何年後かには、こんなこともあったな、と思えるのだから、

それはそれでいいじゃない。

 

一気に何かが解決するなんてあり得ないから、

少しずつ解決していく他はないのだし。

 

帰りたい場所。

一緒にご飯を食べる人がいる。

それだけを手離さなければいいのだ。

 

そして今朝、ヤモリくんとの同居状態であったことを認識。

よし、ヤモリくん、頑張ってこの家を守ってくれたまえ。

f:id:miwakaiz:20170826025259j:plain