リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

向き合うべきものは問題ではない。

明けましておめでとうございます。

ミャンマーは4月17日が元日。

うちの会社は4月18日にミャンマー新年の御用始めを行った。

 

水祭り明け、一気に暑くなったミャンマー

クラクラする暑さのなか、休暇明けの社員といろいろなことを話した。

 

そして、御用始め初日は、

なぜこの人たちは上司の言うことに従わないのか?

とか、いろいろな疑問の答えを知った日となった。

 

新年となり2日目の勤務日。

わたしと同じ職位の社員が、昨日を振り返り、こう、社員に話した。

「向き合うべきものは問題ではない、ということがわかりました。」

 

・・・どういうことだ?問題とは向き合うべきだぞ?

一瞬ハテナが浮かんだが、次に続く彼女の言葉に私ははっとした。

 

「問題を解決しようと、自動的に解決策を出すような生き方ではいけません。

 そうすると、問題は一見解決したように見えて、

 実は解決しておらず、私たちの前に再び現れるのです。

 

 だから、私たちが向き合うべきなのは、私たちの心であり、考え方です。

 問題に向き合うとき、私たちは問題に向き合ってはいけません。

 私たちは、私たちの心と考え方に向き合っていくのです。」

 

彼女は水祭り中、尼として修業していた。

スキンヘッドの彼女に静かに、だが確かにそう言われ、

私はおそらく、この会社の誰よりも彼女の言葉が心にしみた。

f:id:miwakaiz:20180131010339j:plain