リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

ミャンマーに来なかったら、知らなかった。

もうすぐミャンマーに来て1年になる。

日本にいたときは、あんなに早く過ぎた1年が、

ミャンマーで過ごす1年はとにかく濃く、長い。

まだ、1年。とても長く、生きていた気がするのに。呆然とした。

 

長かった1年を振り返って、

ミャンマーに来なかったら知らなかったことが、

たくさんあると思った。

 

互いに配慮と信頼がある関係がどれだけ心地良いものか。

その関係をつくるために、多大な努力と愛情が必要であること。

だから、強い人が優しいとは限らないけど、

強い人が優しい人になれる可能性があること。

 

仕事には、その人の命と意志がこもっていること。

わたしは命の破片を受け取り、また捧げていること。

だからきっと、父が病の身をおしてでも仕事をしたがったのだ、ということ。

 

難しいことなんて、無いということ。

(国と国のあいだで起こるごたごた以外は)

誰ひとり、他人を苦しめることができる人はいないし、

何一つ、人を難しいと思わせるものは存在しないから、

自分が苦しいと、難しいと思わない限り、

何にも苦しめられる必要も、何を難しいと思う必要もないということ。

 

ふと、自分は何してるんだろう、と思うこともあるけど、

スーレースクエアの短冊に、

「何にせよ、会社が発展すれば、それで良し。」と書いたから、

何があったとしてもそれでいい、ということ。

 

2年目のミャンマー、これからもよろしくお願いします。

 

P.S.

この記事を投稿した3日後に、あらたに、

「胃と心は、こんなにもつながっているのだ。」ということを

知ったので、ここに追記しておきます。

お腹すいているときのラーメンって、なぜこんなにも心を満たすのか。

 

f:id:miwakaiz:20180209152515j:plain