リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

異端児のあなたとの思い出。

もうすぐ自分の部下が日本に行く。

プログラマ至上主義のミャンマーで、

品質やテストのエンジニアになりたい、と言うとても変わった子だ。

 

彼女はロンジーよりもジーンズが大好きで、

ショートカットが好きで、ヤンゴンの代表的な市場が

満月の日に閉まることを知らなかったり、ちょっと変わった子だな、と思っていた。

この国で「良し」とされることに、さほどの執着がない、と言えばいいのだろうか。

 

ミャンマーのITはプログラマ至上主義で、それゆえに、

というと短絡的かもしれないが、質が高くない。

 

「たとえばお客様がこういう操作をした場合、どうなるの?」と聞いたときに、

ソースコードを見せられたときは、この国はどうなってんだ、と思った。

 

エンジニアは何を実装したかではなく、

お客様の「結果どうなるのか」に、いかに応えるかが

エンジニアとしての力量になると思うのだが、そういう思考回路は皆無だ。

 

そのなかで突如として、「わたしQAになりたいんですけど」と

カレー屋で言われたときは、この子は異端児だと思った。

 

もちろんマトリクスやディシジョンテーブルや

組み合わせテスト技法も教えたけれど、

テストエンジニアに一番大事なことは技法や知識ではない、と思う。

でも、精神的なものやスタンス的なものは、

なかなか理解できるものではない、とも思っていた。

 

先日、彼女があるプロジェクトの仕様把握と

試験設計を進め、状況を私に報告しにきた。

 

「この機能は、ないとお客様困るので、リーダーに提案しました。

 今はこういう仕様になっていて、実際の業務では

 Confuseすると思うのですけど、どうですか?」

 

このとき、この子は本当に、良い意味で異端児なのだと思った。

 

まだまだパターン漏れもあるし、

できることとできないことでムラはあるけど。

 

成長してくれて、ありがとう。

I  wish you all the best in Japan.

f:id:miwakaiz:20180712221542j:plain