リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

死んだ人間は、何のために生きているのか。

ふと、父の墓のことを考えることがある。

彼はこの春、私にとても大きな

人としての学びを残して死んだ。

 

miwakaiz.hatenablog.com

 

法要を終え、母から「お墓どうしようか?」と聞かれた。

それまで一度も与えられたことがなかった母からの宿題に、

半年以上たった今も、私はこれといった回答をせずにいる。

 

 

彼の墓のことを考えるとき、まっさきに思い浮かんだのは、

父の故郷だった。

彼がこの先をずっと生きるのであれば、

彼の故郷が最適だと思った。

 

死んでしまった父は

この先、未来永劫を生きる人になった。

それは事実ではないのだけれど、わたしのなかで

限りなく事実に近い、感覚だ。

 

ただ、父の故郷を思ったその後、いつも引き戻される。

彼の故郷と、母が住む海のある街は、あまりに遠かった。

 

だって、父は死んだじゃないか。

彼が生きているのは、伴侶として連れ添った妻と

子と、そして彼の兄たちや両親のなかだけである。

 

彼はこの先を何のために生きていくんだろう。

そう思うと、彼を最期まで思い、

彼が最期まで待った母の近くで眠っていてほしいと思ってしまう。

 

そこまで考えていつも、わたしは思考を保留する。

そのうちに答えがやってくるだろう、と

その日を待つことにする。

 

彼が生きるこの先、気が遠くなるほどの年月に比べたら、

とてもちっぽけな年月、わたしは母とその日を待っている。