リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

青一色のAcroNote。

ミャンマーでお付き合いのある方からは、

怒っているのが想像できない、と言われがちだ。

 

本当のところはわからないが、

わたしと最も長く一緒に働いているミャンマー支社の女性社員が

つけてくれたミャンマーネームは、平和と穏やかさの象徴である

月(Thawda)なので、案外イメージは崩れていない・・・気がする。

 

そんな私も今日は朝から怒ってしまった。

インターンシップ生(大学の後輩)が今日の予定をAcroNoteに書いて

持ってきたときのこと。

acroquest.info

 

予定を書くときは、黒:Project、青:Project外(ランチ、移動、おつかいなど)

と色分けするのが使い方だが、なんとAll 青で予定が書かれている。

理由を聞くと、「ボールペンの黒のインクが切れていたからです。」

 

・・・

黒のインクを節約したい、という気持ちと

上司がぱっと見てわかりやすいように、という配慮。

秤にかけたら、インクのほうが勝ったのかな。

 

聞いていくと、色分けする理由は

「自分が」わかりやすいようにだと思っていました。とのこと。

 

AcroNoteには、上司と部下がコミュニケーションを効率的にとれるように、

たくさんの配慮と仕掛けがあるんだよ。

ものをつくるってそういうことだものね。

 

君にとっては、黒か青かなんて、どうでもいいことだったかも。

でも、そういう小さなことから、今までの26年間でつくられてきた

配慮と仕組みと社風・文化と秩序は崩れていくんじゃないのかな。

だから、わたしはこの、All青で書かれたAcroNoteの光景がとても嫌いです。

すぐに書き直してきてください。二度とやらないでください。

 

・・・

わたしはよく怒る。

表面上穏やかでいるよりも、

配慮と仕組みと文化と秩序がある穏やかな場所を

好ましいと思う。