リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

僕の彼女は品質保証 #42「それに対してあなたは何をしたの?」

「それに対してあなたは何をしたの?」

というのが、ミャンマーに行ってからの彼女の口癖だ。

 

かの水祭り休暇問題の際、「バスがないからです。」という社員に

「そうなんだ。それに対して、バス会社には文句言ってみたの?」

 

「○○さんと○○さんは、いつからいつまで、お休みだそうです。」

 と言ってきたリーダーに、

「そうなんだ。それを聞いて、あなたは彼女らに何を言ったの?」

 

「あの子たちって、結局バス会社に文句のひとつも言ったのかしら?」

「言ってないと思いますよ。ミャンマーでは、

 若井さんのように自分からリクエストする、というのは

 非常にレアな考え方ですからね。」とのたまう社員に、

「そうなんだ。じゃぁ、そんな社員たちに、

 あなたはポジションが高い社員として何を話したの?」

 

とか聞いてみるらしい。

 

英語で言うと、What did you say at that time? くらいのもので、

それを聞くと、たいていの人は、

1.黙る

2.わざと時系列をぼかしたり外して自分が何を言ったか、を滔々と語り始める
  (本当は何も言っていないが、あたかも何かを言ったかのように話をつくる)

となるそうだ。

 

報告って、何かの事象に対して、自分はどう思うとか、

自分は何をしました、っていうのが報告であって、

情報をただ左から右に流すのは報告とは言わないと思うんだよね。 

・・・というのが彼女の意見らしい。

 

僕もよく「そうなんだ、大変だね~。で、今はそのために何をしてるの?」

と聞かれる。僕だってたまには、「そうなんだ、大変だね~。」と

ただ言ってもらいたいときもあるんだけど。

 

でも、自分が何をしなくても、生きてはいけるみたいな考え方や、

現状をただただ受け入れてあきらめる、みたいな受身って

大きな事象・小さな事象さまざまに、国にかかわらずあるとは思うから、

僕も時折、彼女の口癖が頭をかすめる。

 

日本は季節外れの雪が降った。

彼女のいる国は、連日35度越えの暑さだそうだ。

すっかり季節を忘れた彼女に、桜の写真を僕は送る。

f:id:miwakaiz:20170208020938j:plain