リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

本社が支社を持つ意味は何ですか。

この問いかけは、よく支社を対象にして問われる。

支社に赴任した社員は、この問いかけを自分自身に問いかけながら、

支社と一緒に育っていく覚悟が必要だと実感している。

 

本社は技術・マインド・仕組みなどあらゆる面で

支社より自然と優れている。日々、追いつきたいと思う。

だけれどたまに、本社の若い人たちに危惧することがある。

(わたしもまだ小娘だが、わたしよりももっと若い人という意味です)

 

確かに本社はあらゆる面で上にいると思う。

でも、本社で色々なことを吸収している若い人にこそ、

フラットな目で、支社から学ぶ姿勢もなくさないでもらいたい。

学んでもらいたい、というのは別に、支社が上と言いたいわけではなくて、

支社は問題もあるけれど、逆だってありうるかもしれない、

と考えてもらいたいだけだ。単純に。

 

こういう、人としての姿勢みたいなものは、すぐわかる。

本社から出張にくる社員やインターンシップに来る学生がいう一言で、わかる。

ミャンマーの社員は、観察眼に優れている。

鈍感なわたしでもわかるのだから、彼らもわかっているだろう。

 

あなたが支社を持つ意味は何ですか。

 

支社を対象に問いかけられる質問を、

時折、本社を対象に問いかけてみたくなる。

f:id:miwakaiz:20180209152533j:plain