リケジョのミャンマー赴任記。

湘南育ちの品質保証 in ミャンマー。仕事、人生、めいっぱい楽しみます!

ミャンマー女子の気品。

現在うちの会社ではミャンマーの大学からのインターン生を受け入れています。

その大学にインターンの説明に行ったとき、面白いことがありました。

 

希望者に対して説明を終えたのち、男子学生sが部屋を出ていく。

そして、しっかり残る女子学生s。

 

ん?トイレか?

ミャンマー男子は連れだってトイレ行くんかな?

これはミャンマー男子の取説に書かなくてはね。

 

・・・と思ったけど、誰一人帰ってこない。

そのときは、まぁそんな男どもはほおっておいて、

目の前の優秀な女子学生sとの話に集中しよー、とやってました。

 

で、実際にうちにインターンに来てくれている女子学生sに、

あれはなんだったのかね、と聞いたところ、

「Acroのインターン厳しそうって言って、帰ってました」

 

・・・ほぉ。

「ちなみに、なんでみんなはうちのインターンに来たの?」

 

「厳しいから、成長できるって思ったから。」

「説明に来てくれた上位社員がみんな女性で、

 smartでバリバリ仕事してて、いいなって思ったから」

 

ミャンマー料理を着々と食べながら彼女らの話を聞いてると、

ミャンマーはいわゆる男尊女卑で、結婚して子供を産んだ瞬間から、

家にいろ、と言う旦那との戦いが始まるとのこと。

 

「若井さん、わたしね、自由になりたいんです。

 女だけど、きちんとスキルをつけて、

 independentに人生を生きていきたいの。」

 

ミャンマー男子が言う「自由になりたい」とはまったく意味が違う。

 

彼女たちは普段はまるで日本の女子高生のように、

隣の女の子とくっついて、きゃっきゃっとしているときもあって、

やめなさいな、と言うこともある。

 

でも、ミャンマー女子の気品、ここにあり。

彼女らがどう変わるのか楽しみだ。

 

そのランチの締めくくりに

「結婚したら夫とは財布を分けなさいって、日本では教わるのよ。
 私ももちろん、そうするつもり。」と冗談を言った。

 

そして彼女らはやっぱり、女子高生のように無邪気に笑うのだ。

f:id:miwakaiz:20170810014643j:plain